2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【独占禁止法】シスコ、ソフトウェア・アップデートをめぐる反トラスト訴訟で和解(10/08/04)

1 : ◆amidaMovTg @あみだくじψ ★:2010/08/04(水) 17:11:35 ID:??? ?2BP(100)
 Cisco Systemsが、2008年に独立系ネットワーク・メンテナンス企業Multivenから提訴されていた件で
和解に応じた。Multivenは、Ciscoが顧客に「SMARTnet」サービス・プランを強制的に購入させ、
ソフトウェアのバグ修正パッチおよびアップデートを入手させているとして同社を訴えていた。

 今回の和解により、MultivenはCiscoへの提訴を取り下げ、またCiscoもMultiven、ネットワーク専門家
向けプラットフォームPingsta、Pingstaの創立者であるピーター・アルフレッド・アデカイ氏に対する
対抗訴訟を断念した。和解条項の詳細は明らかにされていない。7月28日に提出された書類によれば、
それぞれの訴訟費用は各自が負担するという。Multivenは8月2日に和解を発表している。

 Multivenは複数のベンダーのネットワークに対し、技術サポートやメンテナンスおよびコンサルティング
サービスを提供する企業だ。同社がCiscoを訴えたのは2008年12月のことである。圧倒的な支配力を
持つネットワーク機器ベンダーであるにもかかわらず、Ciscoは同社製品の重要なソフトウェア・アップデート
やバグ修正パッチをサードパーティに提供しなかったとMultivenは主張していた。さらに同社は、独自の
SMARTnetサービスを契約している顧客にのみこうしたアップデートを配布し、サードパーティによるCisco
機器関連のサービス提供を妨害したとしてCiscoを糾弾した。訴状はサンノゼにあるカリフォルニア北地区
連邦地方裁判所に提出された。

 Pingstaはコラボレーション・プラットフォームであり、ユーザーは同プラットフォーム上でネットワークの
専門家からアドバイスをもらうことができる。料金は利用回数に従って支払われ、各専門家は任意で
こうした仕事をする仕組みだ。

 今回の件に関するCiscoのコメントはまだ得られていない。2008年12月、同社はMultivenから提訴された
ことを受け、顧客にCiscoのサービスを購入するようし向けてはいないし、同社の機器のバグ修正をはじめと
するさまざまなサービス・プログラムを何千ものパートナー企業が提供していると述べ、反論を試みていた。

http://www.computerworld.jp/news/net/188249.html

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)